2005年10月29日

さあ私の大好きな組閣人事を考えようーっと(^_^;)、その前に方針だなっ

KoizumiKantei.jpgKoizumi2ndKakuryo.jpg監督の立場で舞台の配役(キャスティング)を考えるんだから、本当、楽しいよ。
(一人で官邸にこもってあれこれ考えるのが趣味みたいになってきてる(^_^;))
 今度こそ、改革に磐石の構えの内閣にしなくっちゃーね。
さあ、こんどの敵、即ち、最大の抵抗勢力は官僚、そのものだよ。(^_^;)
もう自民党内に大きな抵抗勢力はいなくなったからねー(^_^;)
(隙あらば、裏切ろうとする連中は多いだろうけどね(^_^;))

 さてマスコミでは、次期総理候補として、麻生、谷垣、安倍、福田、などと考えてるけど、大事な人たちを忘れてもらっては困るなー。
 そう、小池さんと竹中さん、それと町村さんだよ
(^_^;)

machimura.jpgTakenakaHeizo.jpgKoikeYuriko.jpg

 いきなり安倍君はまだないかもしれない。小池君もすぐは無理かもね。
その意味ではピンチヒッター的には増税などの経済の建て直しが中心なので
増税の必要性をちゃんと説明しながらやれる、と言う意味で竹中君の
可能性も大きいのだ。(^_^;)
 また本当の本命は最後に出てくる名前の人、と言われるように、
町村君も見逃せないよ。
だから、ちゃんと競争の中には、いれといてもらわないとねー。(^_^;)

AbeShinzou.jpg<

 もちろん若手では安倍君が突出してるけど、若手は若手で、競争させようと思っているよ。
 ちょっと年がいってるけど、外見、まだ若い、中川秀直君も党の重職をちゃんとこなしてくれたし、河野君や塩崎君、中川昭一君など、もっと若手を切磋琢磨させて、その結果、安倍君が勝ち残るなら、それでいいんだよ。
(^_^;)

NakagawaHidenao.jpg

 そうそう、女性も小池さんだけでなく、川口さんとも切磋琢磨してやらせないといけないなー、と思って。そう、森山真弓さんという手堅い年配の人もいるしねー。(^_^;)
 若手の女性では、もちろん、片山さんや猪口さんや高市さんらもいるしねー。
 少なくとも担当大臣を経験させて、その中から抜きん出た人が男に対する、次の総理候補に一番、近い、って言うことかな(^_^;)
 さらに若手、と言う意味では、世耕君や山本太一君らも担当大臣や党の要職につかせようかと、今は思ってるけどね。(自分に忠実な奴がやっぱり好きなもんでね(^_^;))

 あと山崎さんはバランス感覚をもった人で、私の弱点もよーく理解してくれてるので、(^_^;)私の手足となって、これからもサポートしてもらおうと思ってるよ。

 さあーて、後は、各大臣ポストに誰を入れていくかだ。

あー、忙しい、けど、楽しいなー (^_^;)
こんな風に一人で好きなように考えられるって、今までの総理大臣では私ぐらいなもんだろうよ。(^_^;)

posted by JUNちゃん at 01:34| Comment(1) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

靖国参拝の深読みと郵政民営化のこの先の本当の運命 (^_^;)

KoizumiKantei.jpgKoizumi-soci-Yasukuni.jpg うーん、靖国参拝に関しては、みんなのブログで私の本音を暴露してくれていて、本当にありがたいことだ。(^_^;)
 飯島秘書官やそれをサポートしてくれている電通の人たちが考えてくれていたことを的確に書いてくれていたしね(^_^;)
 ただ私は公約みたいなもんだし、かつての後進国である中国や韓国が反対しているから、参拝を止めた、って言われるのは癪だったから、その気持ちを前もって秘書官には伝えてあって、一番、いい日どりとやり方を考えてもらっていたんだよ (^_^;)
 これもどこかで書いてくれてたけど、うーん、裏返せば、強いアメリカには何でもハイハイ、って従っていたけど、アジアのかつての弱い後進国が反発して止めろ、って言われたら、逆に、やってやろうじゃないか、って逆の心理になっちゃったんだよなー。(なんか上からいつも押さえつけられている子が弱い子をいじめたくなる、いじめっ子の心理ってやつに近いのかな(^_^;))

さて、おいおい、日経がこんな本当のことを暴露していいのか! (^_^;)
困ったもんだ。まあ、彼らとしては株や不動産を売りたいもんだから、こんなことを書いている、ってことにしておこう。(^_^;)

郵政民営化法案成立で我々を待ち受ける運命
〜郵貯・簡保は日本国債・米国債のゴミ箱と化す〜


Anti_Koizumi.jpg
posted by JUNちゃん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やれやれ、やっと参拝できた。(^_^;)

KoizumiKantei.jpgKoizumi-soci-Yasukuni.jpg

あー、これで、すっきりした。(^_^;)
大阪高裁の判決やら、アジアもうるさかったりして、今回ぐらい、いろいろ気を使っちゃったことはないよ。(^_^;)
 一応、一般の参拝者と同じようにして参拝したからね。
公約にもはいってるし、何と言っても、毎年、これは欠かせないからねー。
習慣というより、私のこれも信念だから、絶対、曲げないよ。
(聖子ちゃんみたいに、曲げちゃったら、政治家はおしまいだし、
 私の美学からも反するよ。(^_^;))

 そうそう。私は、誰が何と言おうと、貫くからね。
他人の迷惑なんてお構いなしだよ。
でも本当に非戦の誓いを立てているつもりだよ。(^_^;)
英霊にも気を使ってるしなー。
自分のやりたいことを貫く、これがどこが悪いんだよ。


posted by JUNちゃん at 00:26| Comment(7) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

軍隊を持って戦える、あたりまえの国にしていこう (^_^;)

KoizumiKantei.jpgkenpouKaiaku.jpg
もう憲法を解釈論で議論する、こんな無駄な時間を国会で割くのはやめよう。
(民主党の前原君も同意見だしな(^_^;))
あたり前に国家として、軍隊をもって、戦える国にしようじゃないか。
今の憲法は中学生が読んでも、自衛隊なんていう軍隊はもてないんだよ。
 そりゃ、理想的には軍隊をもたなくてもいい国になっていけばいいんだけど、それには、まず、そのような世界にしなくっちゃーいけないんだよ。
 まあ、そういう世界にするために、どの国が率先して武器を放棄するか、って言う問題もあるんだけどねー。
あー、その意味では、平和憲法で軍隊をもたない、と宣言している日本が一番、率先、すべきなんだろうけど。(^_^;)

 ただ国民を守る、とか、領土を守る、と言う観点に立ったら、どうしても武器をもたざるを得ないだろう。それが国家の役割でもあるからね。
 ただ一旦、武器を持ったら、相手の挑発にのって、使わざるを得ない、ということで事件が起こり、戦争への道を歩むことになってしまう。また、明らかに国家の主権が侵されている、と思ったら、使わざるを得ない状況に追い込まれてしまうだろうしなー。
 それでも、最後まで、軍隊という手段をとらない、と言う国民全体を説得できればいいのだけど。
でも今の若い世代の政治家や国民では、そんな説得は聞かないだろうなー。
結局、戦おう、ってことになると思うよ。
それがあたりまえの国だから。(^_^;)

 そのための準備を私はやってきたつもりで、有事立法や盗聴法、そしてこんどの共謀罪もそのひとつなんだよ。(^_^;)

kbe01.gif

 うーん、憲法問題に関して、平和主義者の意見を入れるとしたら、
憲法、前文にでも、自衛権は認めるけど、軍隊はもたないように努力する、とか、
そういうニュアンスの文章でもいれていくしかないか?(^_^;)

 ただ憲法は理想を書いているのではなく、国民の間の一番大きな約束ごとで、それが政治家、官僚、裁判官たちの原理原則になり、そこから、また、いろんな法律が生まれていくんだからね。
(もちろん国民もその生まれてきた法律を守らなきゃあならないんだけど(^_^;))

Anti_Koizumi.jpg
posted by JUNちゃん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

改革(手術)は誰かがやらなければならない、それをファシズムだなんて(^_^;)

KoizumiKantei.jpgAnti_Koizumi.jpg 
みんな改革(手術)は必要だって認識してるし、その手術は早ければ、早いほどいいんだよ。痛みはわかってるけど、そんな個々の痛みに手をひるませて、手術を先延ばしにすればするほど、最終的な死は近づくばかりだからなー。
 誰かが決断して、執刀しなければいけないんだ。
その手法はいろいろあるだろうが、お祭り騒ぎの中で、国民を酔わせて、麻痺させて、(^_^;)
多少の痛みはマスコミを通じて知らせないようにすれば、まあ、どうにか手術は進められる。
 まあブッシュさんが短期的な国家の利益のために、911を仕掛けた後と同じように
マスコミをコントロールして実態を知らせないようにするんだよ。
 そりゃまあ、手術だから、あっちこっち切るところは痛いだろうが、全体の体を治すためだから我慢してもらうしかないんだ。
(ただ私は単に、手術に着手できるよう用意をするだけで、実際は担当の閣僚が成果を競い合ってもらいたいんだよ。その結果が来年の総裁選に反映され、また私の時と同じように、実質、首相公選制のような形で選ばれればいいんだ(^_^;))
 その意味では、やっぱり私をファシズムと呼ぶのは、もうやめて欲しいもんだよ。
そうだなー。リーダーシップ、とかの言葉が本当はふさわしいと、思ってるんだけど。(^_^;)
 その点、日本の国民も従来の議論ばかりで、全然、決断と実行を伴わない政治にあきてきて、これでは未来の政治もあぶない、と思って、私のようなリーダーシップのある政治家を求めてきはじめたと思うんだよ。(^_^;)
 まあー、新しい時代のニーズってものも、よーく考えて、大衆を動かしていかなくっちゃ。
その点、電通は役に立つねー。
いろいろマスコミをコントロールするのに便利だ。さすが、戦後、日本のCIAの役割を担っていた会社だけはある。(^_^;)

e0079739_22193475.gif
posted by JUNちゃん at 18:50| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ほー、改革ファシズムねー (^_^;)

KoizumiKantei.jpgAnti_Koizumi.jpg

 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」ね。
ネット上だけの、それも一人びとりのネットワークなんて、既存のテレビメディアや新聞などに対抗できるって、言うのかい?
 テレビや新聞って、もうしっかりとこの社会に根付いたシステムで、結局、君らブロガーやらもこの社会で食っているんだろう。ふぅ、所詮、Matrixの世界でのバッテリーに過ぎないんだよ。その世界から飛び出して、真実を見る勇気があるのかい?
まあ、所詮、Matrixの中でのひとつのアノマリ(不具合)に過ぎないんだよ。
その仮想世界を飛び出して、生活していけるかなー。
 まあ、やれるものなら、やってみなー。
(^_^;)

 また、君らも改革が必要なのはわかっているだろうに。
 そう、私も君らの主張する、米ブッシュ政権の政策をずっと支援していくつもりは、そろそろなくなってきたんだよ。だって、来年で私は去るのだから、後は次の世代の人たちに考えてもらおうかとおもっているからね。
(^_^;)
 要は時代を見て、大衆を見なきゃー。
一時代を画した総理大臣として、いかに花道を飾るかだ。
(まあ、それぐらいしか考えてないんだけど、と卑下して見せておこう(^_^;))

 ちなみにこの運動、面白そうだから、このブログも、この同盟とやらにはいろうじゃーないか(^_^;))

Anti_Koizumi.jpg
posted by JUNちゃん at 23:22| Comment(8) | TrackBack(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

杉村君の次に活きる道

KoizumiKantei.jpgtaizo_profile.jpg

 うーん、もう少し骨のある奴かと思ったが、やっぱりヒラリーマン根性はぬけなかったようだな。(^_^;)
 本当は、君の言ってたフリータや庶民感覚でTVやブログでいろいろ感じたことを言ってもらって、変に品のある議員になり下げるつもりはなかったんだよ。まあ勝手に党の事務方がメディア戦略として、あー言う指導、教育をせざるを得なくて、まあ私としては君がどうなるか、黙って見て試した点もあったんだ。(^_^;)
 政治家として、次の選挙の当選も目指そう、なんて下心を出した途端、
実は、もう君は上からの圧力に屈して、本当の意味での次はなくなったんだよ。
その点、君のおとーさん、おかーさんの言葉はすばらしかった。
本当は、ご両親とも、その最初の勘を活かし、君もそれに従って、それを信念として活動していれば、それが実は本当に次に君を活かす道になったんだよ。
 最初は、私の戦略をご両親に知られてしまったな、って思い、焦ったよ。(^_^;)
そう、大事なことはマスコミを通じて、国民、全体を味方につけることなんだよ。
 最初は、そりゃ、いじられるだろうよ。
でも、君がご両親の最初の教えに従って、態度を変えず、マスコミを通して、国民を味方につけていけば、
「おおっ、こいつは庶民の感覚で議員や官僚の実態を知らせてくれているんだ」って思い、
本当の意味で、君は、君らしく、議員としての働きを国民に対してやってることになったんだよ。
 もう、ありきたりの2世、3世や優等生の議員の答弁は、国民は聞き飽きてる。
君の素直な感覚をありのままに国民にマスコミを通じて知らせていくのが、
君の本当の議員としての役割だったんだよ。
 そんな与党の議員はいなかっただろう。
かつて、中山千夏ちゃんなんかが議員になってからの感想を朝日新聞なんかで発表してたけど、
こんどは野党でなく、与党、本家の自民党の議員からの発信で、
それもテレビを通じてだから、画期的な議員になれたんだよ。(^_^;)
(多分、各局も君の放送枠を設けて、毎日のように番記者が追っかけ、
放送してくれただろうに。そうなると、こんどは私が妬ましく思うかもね 
(^_^;))

 でも、君やご両親も結局、事務方、自民党の圧力に屈してしまったようだな。
多分、マスコミ(国民)が見放してしまったら、君の本当の意味での次はないと思うよ。
残念だけどね。
(最初、本当は期待して、一目おいてたんだけどなー(^_^;))

posted by JUNちゃん at 03:13| Comment(0) | TrackBack(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。