2005年10月08日

改革(手術)は誰かがやらなければならない、それをファシズムだなんて(^_^;)

KoizumiKantei.jpgAnti_Koizumi.jpg 
みんな改革(手術)は必要だって認識してるし、その手術は早ければ、早いほどいいんだよ。痛みはわかってるけど、そんな個々の痛みに手をひるませて、手術を先延ばしにすればするほど、最終的な死は近づくばかりだからなー。
 誰かが決断して、執刀しなければいけないんだ。
その手法はいろいろあるだろうが、お祭り騒ぎの中で、国民を酔わせて、麻痺させて、(^_^;)
多少の痛みはマスコミを通じて知らせないようにすれば、まあ、どうにか手術は進められる。
 まあブッシュさんが短期的な国家の利益のために、911を仕掛けた後と同じように
マスコミをコントロールして実態を知らせないようにするんだよ。
 そりゃまあ、手術だから、あっちこっち切るところは痛いだろうが、全体の体を治すためだから我慢してもらうしかないんだ。
(ただ私は単に、手術に着手できるよう用意をするだけで、実際は担当の閣僚が成果を競い合ってもらいたいんだよ。その結果が来年の総裁選に反映され、また私の時と同じように、実質、首相公選制のような形で選ばれればいいんだ(^_^;))
 その意味では、やっぱり私をファシズムと呼ぶのは、もうやめて欲しいもんだよ。
そうだなー。リーダーシップ、とかの言葉が本当はふさわしいと、思ってるんだけど。(^_^;)
 その点、日本の国民も従来の議論ばかりで、全然、決断と実行を伴わない政治にあきてきて、これでは未来の政治もあぶない、と思って、私のようなリーダーシップのある政治家を求めてきはじめたと思うんだよ。(^_^;)
 まあー、新しい時代のニーズってものも、よーく考えて、大衆を動かしていかなくっちゃ。
その点、電通は役に立つねー。
いろいろマスコミをコントロールするのに便利だ。さすが、戦後、日本のCIAの役割を担っていた会社だけはある。(^_^;)

e0079739_22193475.gif
posted by JUNちゃん at 18:50| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。