2005年10月29日

さあ私の大好きな組閣人事を考えようーっと(^_^;)、その前に方針だなっ

KoizumiKantei.jpgKoizumi2ndKakuryo.jpg監督の立場で舞台の配役(キャスティング)を考えるんだから、本当、楽しいよ。
(一人で官邸にこもってあれこれ考えるのが趣味みたいになってきてる(^_^;))
 今度こそ、改革に磐石の構えの内閣にしなくっちゃーね。
さあ、こんどの敵、即ち、最大の抵抗勢力は官僚、そのものだよ。(^_^;)
もう自民党内に大きな抵抗勢力はいなくなったからねー(^_^;)
(隙あらば、裏切ろうとする連中は多いだろうけどね(^_^;))

 さてマスコミでは、次期総理候補として、麻生、谷垣、安倍、福田、などと考えてるけど、大事な人たちを忘れてもらっては困るなー。
 そう、小池さんと竹中さん、それと町村さんだよ
(^_^;)

machimura.jpgTakenakaHeizo.jpgKoikeYuriko.jpg

 いきなり安倍君はまだないかもしれない。小池君もすぐは無理かもね。
その意味ではピンチヒッター的には増税などの経済の建て直しが中心なので
増税の必要性をちゃんと説明しながらやれる、と言う意味で竹中君の
可能性も大きいのだ。(^_^;)
 また本当の本命は最後に出てくる名前の人、と言われるように、
町村君も見逃せないよ。
だから、ちゃんと競争の中には、いれといてもらわないとねー。(^_^;)

AbeShinzou.jpg<

 もちろん若手では安倍君が突出してるけど、若手は若手で、競争させようと思っているよ。
 ちょっと年がいってるけど、外見、まだ若い、中川秀直君も党の重職をちゃんとこなしてくれたし、河野君や塩崎君、中川昭一君など、もっと若手を切磋琢磨させて、その結果、安倍君が勝ち残るなら、それでいいんだよ。
(^_^;)

NakagawaHidenao.jpg

 そうそう、女性も小池さんだけでなく、川口さんとも切磋琢磨してやらせないといけないなー、と思って。そう、森山真弓さんという手堅い年配の人もいるしねー。(^_^;)
 若手の女性では、もちろん、片山さんや猪口さんや高市さんらもいるしねー。
 少なくとも担当大臣を経験させて、その中から抜きん出た人が男に対する、次の総理候補に一番、近い、って言うことかな(^_^;)
 さらに若手、と言う意味では、世耕君や山本太一君らも担当大臣や党の要職につかせようかと、今は思ってるけどね。(自分に忠実な奴がやっぱり好きなもんでね(^_^;))

 あと山崎さんはバランス感覚をもった人で、私の弱点もよーく理解してくれてるので、(^_^;)私の手足となって、これからもサポートしてもらおうと思ってるよ。

 さあーて、後は、各大臣ポストに誰を入れていくかだ。

あー、忙しい、けど、楽しいなー (^_^;)
こんな風に一人で好きなように考えられるって、今までの総理大臣では私ぐらいなもんだろうよ。(^_^;)

posted by JUNちゃん at 01:34| Comment(1) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。