2009年02月24日

政治家たる者の心構え、気概など

KoizumiShikkarito.jpg自民党に限らず、日本の政治家たる者、その心構えがなっちゃいないねー。
 考えてみれば、みんな肝っ玉が小さい、小さい。(^_^;)
言葉に迫力がない、と言うか、そもそも自分のやりたいことさへはっきりしないから腹もくくりようもなく、状況に流されてしまって、ブレまくり状態に陥ってる、って感じだよなー。
要するに、首相とかリーダーたる政治家はどうあるべきか、という信念、骨がないんだよ。
 それは何が原因か、と言うと、政治家の本分をわきまえてないんだよ。
 私が郵政民営化を決意したのは、首相になる、ずいぶん前だよ。
日本の10年後、20年後、いや100年後の未来を考えたとき、その当時、この郵便局がため込んだお金が、この国の官僚や土建屋にどんどん好きなように使われていく、ってことがどれだけ、この国の将来に禍根を残すか、ってことを考えたら、郵政民営化、という大事業を死ぬ気でやらなくっちゃー、って決意したんだよ。
 これは今まで国内だけで好きなように使ってきたお金を世界のために解放していく、ってことで、民営化に反対する人たちは、国民の財産が世界に巻き上げられる、なんて小さなことを言って、脅してたもんだ。
 そんなの当たり前だよ。騙されて、まきあげられることもあるかも知れんよ。でも、そうやって金融も国際化していかないと、逆に言えば、日本のお金が国際貢献に使われることもなくなるんだよ。
そんな、金融だけ日本は鎖国し続けるなんて、あり得ないよ。
 100年後の世界を考えてごらんよ。
今もそうだけど、お金の流れは、一国内だけに留まることなく、24時間、世界中をかけめぐっているだよ。そのお金には国籍もなく、金融としての利益を求めて、コンピュータで瞬時に判断され、ダイナミックにうごめいているはずだ。
 そんな世界の最先端の金融技術を学ばずに、国内だけでお金を回せってか。
世界の仲間入りしたければ、先進国の技術を導入して、わが日本の金融マンも世界を相手に、したたかに戦わないといけないんだよ。
 その金融が破綻したとしても、また、そこで世界の人たちと連携して助け合い、回避する術や統治する術を学ぶんだよ。それが国際化、ってやつだ。(今、グローバル化と言うと何かアメリカの帝国主義みたいにとられるから使わない(^_^;))
 政治のリーダーたる者、そういう100年後の世界の流れを見据えた上で、将来の国民のために、多少、騙しがやペテンがはいっても(^_^;)
進むべき方向を示して、ぐいぐいとひっぱっていく意志と力が必要なんだ。たとえ一人になっても、正しいと思ったら、貫き通す気概を政治家は一人ひとり持て、と俺は言いたい。そんなとき、政党なんかの枠を外れてもいいじゃないか。俺のときはさんざん、民主党の政策をパクッて実現してやったよ。だって民主党の政策がだいたい俺の考えに近いんだもの。そういうように信念のためならなんでもあり、って言うのも私の美学だな。(^_^;)

 さて私はやりきるつもりは最初からなかったけど、(^_^;)
公務員改革でベースにする指針は、何かと言うと、
政治家がリーダーシップをとって、官僚に任せっきりにさせないため、「民間ができることは民間で」というのが基本だな。
今や、NPOがたくさんできてきてるんだから、役所の仕事の多くはダイナミックな利益を追求しないNPOにどんどん委譲して競争してもらって、国民から直接、その地域の通貨で支払ってもらえばいいんだよ。
そして各々のNPOが受け取った地域通貨(福祉券?)の量に応じて税金の一部をそのNPOに支払ってインセンティブ(動機付け)を与えていいんじゃないかな。
 やる気のあるNPOはますます大きく成長する、というわけだ。まあ役所の実働部隊に民間の活力を入れ込んでいく、っていう感じかな。
 
posted by JUNちゃん at 00:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。