2010年11月26日

北朝鮮に砲撃させた状況を作り出した影の力

 いやー、TVで見たときは、驚いたねー。
戦争でもはじまるかと思ったよ。
 まあ、でも、よく考えると、今、戦争しても、単にその裏で糸をひく国際銀行家を喜ばせるだけだ、ってことは、韓国もわかってるだろうし、特に、中国は一番、敏感になってるから、北朝鮮に自制させるだろうし、いや、金正日自身、よーくわかってるだろうからな。
 それにしても日本のマスコミは変だねー。
マスコミとアメリカによって成り上がることができた私が言うのも変だけど(私自身、変人だからいいじゃないか(^_^;))、タイム紙などでは、あんな境界線で最初に砲撃して挑発した韓国も悪いって、言ってるのに、NHKなどのニュースウォッチや他のテレビを見てたら、みんな「いきなり北朝鮮は砲撃してきた」の一点張り。
 おいおい、あんたら、北朝鮮からのビデオを流して、その中で、砲撃してきた韓国軍に反撃した、って言ってるのに、なんで、そのことに触れないかなー。(^_^;)
もうアメリカの意図どおりの指示で報道してるか、何ら、考えることなく、ただ菅さんとおなじ、アメリカの勢力にのっかてるだけの、すっからかんの空き缶総理のように、垂れ流して視聴率をとろう、って考えがみえみえだよ。仙石さんはマスコミを使うのが上手だ、って言われているが、逆に言えば、マスコミの期待通り、すなわち、アメリカや国際銀行家の意図に従ってる、ってことだ。(^_^;)
 でもマスコミに関しては、国際銀行家の意図どおりに進めている、と言うより、報道するジャーナリストがまず考えないで、感情的に面白おかしく伝えている、と言う方が正確か。
(あっ、そうか、日テレのZEROなどのニュース番組はもう、タレントがやって、コメントしているから、ジャーナリスト、と言うより、局の言う通りにしゃべるアイドルで充分、ってことか。ジャーナリスト、なんていらない、ってわけよ(^_^;))
 そういえば、『ニューヨークタイムズ』の記者だったジョン・スウィントンはジャーナリストは本当の真実を書かないことで、国際銀行家らから、お金をもらっている、知性の売春婦だ、って言ってたなー。「マスコミは真実を追求するのと対極の「金儲け」が第一なんだから、そもそもマスコミに真実の報道を期待することが間違ってる」と独立系市民メディアのAPFニュースの社長も言ってた。
 ふー、その意味では、マスコミに期待しない方がいいみたいだ。

 さて、国際銀行家って、どういう人たちか、わかるかなー。
金持ちであることは確かだ。
彼らにとって、私たちは、宇宙から下を見回したときにぽつんとも見えない、そんなちっぽけな存在だよ。
 でも彼らはお金を合法的に作り出し、それに利子をつけて国に貸し出し、国を通して、税金として、国民から搾り取っているんだから。
そんな簡単な仕組みで世の中が成り立ってることに、気がついていないのかなー。
これがわかれば、9.11テロの影の犯人が国際銀行家だった、て言うこともわかってくると思うよ。ネットでは、これは定説だからね。(^_^;)

 ここらへんをちゃんと伝えているビデオはここかな?

アメリカとともに沈みゆく自由世界 動画へのリンク

http://www.youtube.com/watch?v=zbbqpcunR1w

あー、このへんをわかりやすく、寸劇でやって見せられたら、国民もわかってくるかもなー。
それには、そのストーリーを考えなくては。

 本当はドラマがいいのかなー。
「現代に蘇った坂本龍馬」っていう題で、龍馬が今の世の中、特に、まず日本の状況を見て、どうかんじるかだ。

 江戸幕府は中央集権の官僚組織で、坂本龍馬は、さしずめ、小沢一郎か。
新撰組は正義をふるかざす、検察特捜部だ。

ラベル:北朝鮮 砲撃
posted by JUNちゃん at 01:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。