2005年09月18日

前原君ね、管さんよりはいいか(^_^;)

KoizumiKantei.jpgmaehara_seiji.jpg

 うーん、前原君ねー。(^_^;)
若いから、岡田君と同じ直球勝負だろうね。看板は変わったけれど、見ててどうかね?
特に女性から見た視点が大事だよ。
セックスアピールがあるか、どうか?
ファンサイトが立ち上がればいいけれどね。
 本来は選挙は政治理念などを戦わして、お互い、討論して切磋琢磨していって
最終的にその過程を見た有権者が最終的に判断する、というのが理想だろうな。
でも、中身のない私にとっては、その土俵に乗ってしまうと、ダメなのだ。
今回のとった策は極力、有権者を幻惑させ、心理的に追い込んで、一種のパニック状態にさせて
本来は○×では判断できない問題を、無理やり、決めるように迫るのだ。
このことではIQの高い人ほど最初、混乱させられて、悩んでしまうだろう。
(テレビを日常的に見てる人などは幻惑されて、特にそういう状態に陥り易くなるだろうな(^_^;))

 でもこんなことは理屈で考えてやってるんでなくて、自然と身についた
天性の才能みたいなもんだ。
 見ている誰しもが感動するような脚本を考えて、演技し、監督もする、っていうのは一種の
快感だね。(疲れるけど(^_^;))

 だから逆に言えば、理論的に考えるのは苦手だ。
アメリカが大好きで、アメリカについていってればこれまでも問題はなかったし、
これからも大丈夫だろう。その直感は間違っていない、と信じている。
(ブッシュとはキャッチボールもしたしなー(^_^;))

ただ、寺島実朗さんの言うことには私にも妙に納得する部分がある。(^_^;)

社会の基本原理としては市場原理主義vs公共経済主義、とか、外交に関しては対米従属路線VS平和協調路線など、いろんなハッキリした対立軸を立てられるからだ。(国で言えば、アメリカ型かヨーロッパ型か)
実際、無党派の主婦の悩ましい投票までの思考過程を見て、サディスティックな私にとっては悦びを感じさせるものがあったよ。
(特に女性を悩み悶えさせた、ってことがね(^_^;))

 結局、ストレスが少なく、格差(妬みの元(^_^;))もそんなにない社会基盤を作るのか、逆に経済主導の競争原理(強いもののみが生き残る)の社会としていくのか、という問題に還元できるのかもしれないね。
私たちの「経済フォーラム」に対抗して、NGOや市民団体は「社会フォーラム」を毎年、開催して、「経済から社会をとりもどそう」なんて言ってるけど、今のアメリカや日本はお金持ち主体、というか、お金持ちたちに有利な社会になっていることは確かな話だけれどね。(^_^;)
 でもそれを変えていくつもりは私にはないから....。
アメリカがその道を歩んでいる以上、日本の道もそれしかないんだよなー。
posted by JUNちゃん at 01:09| Comment(1) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
< 本来は選挙は政治理念などを戦わして、お互い、討論して切磋琢磨していって
最終的にその過程を見た有権者が最終的に判断する、というのが理想だろうな。
でも、中身のない私にとっては、その土俵に乗ってしまうと、ダメなのだ。


こうした政権を支えているのはメディアでしょうね

はじめまして TBします
Posted by kouhei at 2005年09月18日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7035299

この記事へのトラックバック

民主党の党首選びはものすごく重要だと思います。
Excerpt:  今回の選挙への対応で、大っきらいになった 辛妨治郎さんが司会を務める番組 ウェークアップを見ていたら、民主党代表選に名乗りをあげられた菅さんと前原さんが出られていました。自民党との違いを明確にする点..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2005-09-18 08:13

前原さんが民主党代表になる
Excerpt: 17日15時から民主党の代表選挙が行われ 管さんと前原氏が代表で争い96票と94票で 前原さんが2票差で民主党の次の代表で選ばれた 俺は衆議院議員選挙で比例・小選挙区とも民主党に 票を入れたわ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-18 08:51

今日のイラスト:「劇場後座の民主党党首選び」
Excerpt: しかし小泉鬼次首相のキメ台詞はかっこいい。「おれは殺されてもいい」、「おれは総理だ」、「おれの信念だ」(以上8月7日付スポニチ報道より)・・・私も棺桶に入るまでには、こんな「名文句」を大衆の面..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2005-09-18 10:09

■[民主党代表選]43歳 前原誠司氏 「 集団的自衛権の行使容認」与党をリード???
Excerpt: 9月18日付・読売社説 [民主党代表選]「『43歳』が担う党再建の険しさ」  (抜粋)経験と実績のあるベテランより、「解党的な出直し」を掲げる若手に党の再起を託した。  民主党は、新たな代表に前原..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-09-18 17:35

自民党を大勝させたのは実は民主党支持者?
Excerpt: 日本も終わりか!といった激しい混乱や落ち込みの1週間が過ぎた。
Weblog: On the Beach
Tracked: 2005-09-19 09:17

『対話の回路』(新曜社)小熊英二(著)を読んで
Excerpt: 村上龍、島田雅彦、網野善彦、谷川健一、赤坂憲雄、上野千鶴子、姜尚中、今沢裕の八氏との対談集である。いろいろ刺激をもらう本なのではあるが、今回は現代の改憲論の中のナショナリズムについて考えるヒントをもら..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2005-09-19 11:24

民主党が見えてきた
Excerpt: 新党首は新聞インタビュー記事で、憲法改正、国民投票制度について前向きに取り組む姿勢を表明した上で、 以下引用: 「前原氏は、有識者も参加する国家の基本的な戦略を考える会議を党内に新設し、自身が議長に就..
Weblog: 日本の進路を考える
Tracked: 2005-09-20 15:57

鉄血宰相ビスマルクの自主外交
Excerpt: 鉄血宰相ビスマルクについては、賛否両論も多い。しかし彼が徹底的に追求したのは、ナポレオン戦争によってバラバラになったドイツ諸邦を統一し、プロイセンという小国を率いながら、周辺の大国に翻弄されない自主..
Weblog: PARDES
Tracked: 2005-09-30 05:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。