2005年10月05日

ほー、改革ファシズムねー (^_^;)

KoizumiKantei.jpgAnti_Koizumi.jpg

 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」ね。
ネット上だけの、それも一人びとりのネットワークなんて、既存のテレビメディアや新聞などに対抗できるって、言うのかい?
 テレビや新聞って、もうしっかりとこの社会に根付いたシステムで、結局、君らブロガーやらもこの社会で食っているんだろう。ふぅ、所詮、Matrixの世界でのバッテリーに過ぎないんだよ。その世界から飛び出して、真実を見る勇気があるのかい?
まあ、所詮、Matrixの中でのひとつのアノマリ(不具合)に過ぎないんだよ。
その仮想世界を飛び出して、生活していけるかなー。
 まあ、やれるものなら、やってみなー。
(^_^;)

 また、君らも改革が必要なのはわかっているだろうに。
 そう、私も君らの主張する、米ブッシュ政権の政策をずっと支援していくつもりは、そろそろなくなってきたんだよ。だって、来年で私は去るのだから、後は次の世代の人たちに考えてもらおうかとおもっているからね。
(^_^;)
 要は時代を見て、大衆を見なきゃー。
一時代を画した総理大臣として、いかに花道を飾るかだ。
(まあ、それぐらいしか考えてないんだけど、と卑下して見せておこう(^_^;))

 ちなみにこの運動、面白そうだから、このブログも、この同盟とやらにはいろうじゃーないか(^_^;))

Anti_Koizumi.jpg
posted by JUNちゃん at 23:22| Comment(8) | TrackBack(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜!もう最高!大笑いしました。

最近はテレビを見るのが嫌で今日なんかは志村けんの馬鹿殿さまを見ていました。私も同じ同盟員(なんじゃそれは?)なのでお互いおもしろいことを投稿できるように楽しみましょうね。
Posted by ヘンリー・オーツ at 2005年10月06日 00:26
↑同じ同盟員ということでおめでたく「大笑い」したそうだが、このブログのエントリーは重大な疑問提起している。

「その世界から飛び出して、真実を見る勇気があるのかい?」

少なくとも選挙結果によって小泉への社会承認構造が強くなったのに、それを見据えられない。だだっこの現状認識と同じ。ネットの祭り状態。2ちゃんねるからも学べない仮想コミュニティ初心者運動。

「要は時代を見て、大衆を見なきゃー。」

35年前の佐藤独裁政権と重ね合わせる回顧爺に煽られてる。社会的承認強度に背を向けたい拗ね者は社会的承認強度を担保にする大衆をバカ呼ばわりする。大衆から遊離するので右とも手を結ぶ(というか右という極軸にしか相手にされない)。「政治的知性がない」と大衆にはっきり背を向けた。大衆から乖離した運動が成功した試し無し。

『世に倦む日日』の国語力も落ちたね。

Posted by LOU at 2005年10月06日 03:07
こういった、のほほんとしたブログには似合わないコメントですが、あえて反論させて頂きます。(もし、気に障るようでしたら、削除しても構いません。)

>LOU氏
>大衆から乖離した運動
という文言を見る限り、あなたは小泉が大衆に全面的に信任されたとお思いのようですね。確かに、小選挙区制における選挙制度の結果から見れば、大きく信任されたと言えるでしょう。ですが、小泉VS反小泉の観点から見れば、得票差は拮抗しているのです。(むしろ反小泉の方が多かったという情報もある程です。)
しかし、おそらく小泉支持者であろう貴方や、大手マスコミ、財界は、あたかも小泉が大衆に全面的に支持されたと叫び、反小泉は拗ね者だとレッテルを貼っている。
実情は大衆は真っ二つであるのにも関わらず、大衆の大半は小泉を支持したという方が、むしろ社会的承認強度に背を向けていると言えるのではないでしょうか。
その事を知りえて、これからの反動に戦々恐々としている自民党員も少なくはないでしょう。(小泉首相も内心はそう思っているかもしれない。)

で、あるからして、この運動が大衆から乖離した運動とは、とても言い切れないでしょう。
また、大衆とは浮動的な者であるからして、こうしてネット上で運動を起こすことで、その浮動者達を反小泉陣営に引き込むことも十分に可能であると私は思います。
もちろん、マスメディアに比べて、ブログの力は微々たるものですが、他国ではそうした世論が形成されているのも、また事実ですからね。
Posted by リベラリスト at 2005年10月06日 05:21
リベラリストさん、社会的承認強度というのは選挙の真相を言うのではないです。良きにつけ悪しきにつけ、選挙の結果で「作られた空気」です。

それと人の文章を咀嚼してくださいね。大衆から乖離させる舵取りをしようとするのは「政治的知性がない」と切って捨てるスタンスから始まってるものなんですよ。

ついでに言ってあげましょう。今回の運動は小泉のやり口と同じ。

「STOP THE 郵政民営化」とかを放棄して「KOIZMI」を冠したのは実は何一つ現実的な目標を明示してない。「KOIZUMI」なるものを忌避してるだけ。まだ「抵抗勢力」と対象をぼかしてる小泉さんの方がずるがしこいですね。

ついでにあなた、脆弱なリベラリストですね。世の中には「小泉支持者」と「反小泉支持者」しか二分化されないと思っている時点で、こんな運動の欠点が露呈されてるね。二分化をひどく嫌う人だっているんですよ。わたしは「小泉を支持しないし、小泉以上に大衆にコミットメントしようと模索する戦後民主主義無批評的礼賛反対者」です。
Posted by LOU at 2005年10月06日 12:05
世に倦む日日も言いこと言ってるなと思ったけど、「韓中を無意味(以下略)」というのを読んでがっかり。
結局、右翼に左翼思想に屈しなさいといってるにすぎないじゃん。
アメリカと小泉政権に対抗するとしても、その手段が、中韓と組むってんじゃ右翼には受け入れられないでしょ。
右翼にいわせればインド、台湾と組んでアメリカだけでなく中国、韓国とも距離をおくって左翼指導者がでるべきだとなるでしょうね。
Posted by とおりすがり at 2005年10月06日 13:28
シャレでしょう。
反米ナショナリズムを標榜される方の活動宣言が、奇妙奇天烈なカタカナ英語で溢れ、あまつさえ、その拠点ブログのトップのコメントが英文で記述されている。あえて言えばコメントを閉じ、意に沿わないトラックバックを削除するやり口は氏の言う「改革ファシズム」とどう違うのでしょうか?

「小泉純一郎のつぶやきブログ」さんはこのようなシャレを理解されているからこそ、「同盟」に参加されたのでしょう。少なくともこの数回のエントリーの批評の矛先が決して小泉首相に向いていないことはちょっと読めば誰でもわかることではないでしょうか。

Posted by pinokoda at 2005年10月06日 14:11
ついでにSTOP THE KOIZUMIなんてのもシャレなんじゃないの?

まぁほぼ勝ち逃げ確定の現首相を適当に皮肉るのもいいんじゃないの。
反対勢力(に値するのか?)を泳がせておくのは独裁政権の抑制にも繋がるしね。

TB貼るのはいいけど具体的に何をするべきなのかマトモな議論の場すら存在しない同盟…
あすこのブログ主はネタに釣られてトラバってくる連中を小馬鹿にしたいんだよw
Posted by 結構面白いですね此処のブログw at 2005年10月13日 08:54
そうですね、結局何がしたいのかよくわからん同盟ですわな。盟主が自分に都合の悪いTBとかと真正面から向き合わずに即削除で逃げの一手を繰り返しているところから見ても「ほんとにやる気あんの?」と言いたくなりますし。ホワイトバンドと似たようなモンかな?(笑 

http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200510260011.html
Posted by みったん at 2005年10月26日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

胸いっぱいのエンドースメントをありがとう
Excerpt: TBでエンドースメントのメッセージを送ってくれたブロガーの皆様に心から感謝の言葉を送りたい。読みながら思ったのは、志(こころざし)を持った優秀な人たちが何人も何人もいるなあということで、日本もまだ捨て..
Weblog: 世に倦む日日
Tracked: 2005-10-06 00:29

改革ファシズムを止めるブロガー同盟
Excerpt: 【改革ファシズムを止めるブロガー同盟】 というブログのバナーを張る。 「世に倦む日日」のthessalonike2さんが始めたブログだ。 とはいうものの、バナーの張り方が理解でき..
Weblog: FREE SPEECH「自由な言論」は何処にある?
Tracked: 2005-10-06 04:47

STOP THE KOIZUMI ?? タガタメ
Excerpt:  志士の夢を見るにはやや枯れた年になってはいる。 と始まる2日の世に倦む日日を読んだ時、感動して、涙がでてきてしまい、私は、たぶん、あの選挙の日の結果が出た夜8時のショックから立ち直っていないんだなぁ..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2005-10-06 07:17

■STOPTHEKOIZUMI■
Excerpt: 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」に参加表明する。政治的立場は若干違うものの、俺は「世に倦む日日」さんの呼びかけに参加することを決めた。■これでも少しは迷ったが、ふたつの危険を念頭に置いて、参加決..
Weblog: 日記はこれから書かれるところです。
Tracked: 2005-10-06 22:23

改革ファシズムを止めるブロガー同盟に連帯し,神出鬼没で柔軟なフロント・エンドをともに構築してゆきたい
Excerpt: このコメントは,世に倦む日々さんが提起されたSTOP THE KOIZUMI 【改革ファシズムを止めるブロガー同盟】の最初のページに付けるコメントとして書いたものですが,長くなってあふれてしまったので..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-07 02:54

共謀罪と香水のキッチュな関係:44億円以上タダで手に入れる方法 by hotal
Excerpt: 阿蘇まではやまなみハイウェイを一走り,山頭火も訪れたという大分県湯布院温泉の夜に華やぐ温泉コンパニオン蛍さんは,職種柄入ってくるさまざまな裏ネタを【温泉 コンパニオン☆裏ネタ全開☆】で暴露してきたが,..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-07 02:54

改革ファシズムを止めろ STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟に賛同します
Excerpt:  小泉は色々な要素を体現し象徴しています。「人生色々」発言にいい加減さを感じる人
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-10-08 15:23

STOP The Koizumi 改革ファシズムを止めるブロガー同盟
Excerpt: !2改革ファシズムを止めろ。郵政民営化は、あらゆる改革ファシズムにつながる本丸。 大手ブログプロバイダーは前回衆院選のとき、自民党に招かれ、キャツラの走狗となった。そして糞ガキが投票し、コイズミが大..
Weblog: 反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(美は乱調にあり)
Tracked: 2005-10-10 21:11

やるか、やらないか
Excerpt: 「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」も本日現在で参加70ブログを数え、誠に慶賀の至りであります。これが多いのか少ないかっていう問題はさておき、取りあえずこういう動きがあるってことを世間に知らしめた意..
Weblog: 非国際人養成講座
Tracked: 2005-10-11 10:46

ゆうもあの力でSTOP小泉!
Excerpt:  まずい事態です。選挙戦も大詰めですが、小泉さんの幻惑からまだ覚めない人々が、特
Weblog: Peace Powers!
Tracked: 2005-10-11 23:07

改革ファシズムを止めに行こう ?? 銀のブログの背に乗って
Excerpt: 今度の総選挙で与党小泉政権は衆院で三分の二超の議席を占め、さらに野党民主党の翼賛転向を得て、フリーハンドで新自由主義革命を推進する合法的政治権力を得た。小泉首相と竹中平蔵はこの「構造改革の神聖権力」で..
Weblog: 世に倦む日日
Tracked: 2005-10-11 23:08

中国語のサイトで小泉の面白いアニメーションを見つけました。
Excerpt: http://cciptv.com/xiaoquan.aspx です。  一見の
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-10-20 20:33

エクソダス2005《脱米救国》国民運動を始動しよう!
Excerpt: コイズミウソツキドロボウ政権悪徳政治4年の総決算 ??小泉は「小さい政府」と言いながら増税・国民負担増・給付削減を押し付けてきた ??小泉は「改革」と言いながら既得権益を国民の目の届かない私企業に..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-26 16:21

STOP THE KOIZUMI ?? 改革ファシズムを止めるブロガー同盟
Excerpt: STOP THE KOIZUMI ?? 改革ファシズムを止めるブロガー同盟 改革ファシズムを止めるブロガー同盟に賛同します。 あまり政治的なブログにはしたくなかったのですが 憲法改悪には絶対..
Weblog: Jovanniの"雨ニモマケズ"
Tracked: 2005-10-28 23:06

ブロガー同盟のみなさんへ
Excerpt:  僕は今日の「STOP the KOIZUMI」同盟の「トラックバックセンターについてのお知らせ」を見て、悲しくなりました。どうしてこんなことになるのか僕には理解できません。僕のブログの名前も、賛同ブ..
Weblog: Keep the Red Flag
Tracked: 2005-11-12 03:12

掲示板とブログは連携・協働しよう!しなやかで強靭なネットワークの構築を!われわれに力を、勇気を、希望を!
Excerpt:  阿修羅のバナー(アニメーションGIF)を作りました。大小3種類です。サイドエリ
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-11-17 20:37

奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(前半)
Excerpt:  今日、近所の図書館に行って文藝春秋12月号のこの記事を読みました。読むほどに「
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-12-03 10:58

定期購読を中止・ボイコットして翼賛・御用マスコミを震撼たらしめよ。【ブログに、もしこのバナーが星火燎原で拡がるなら、、】
Excerpt:  「竹中平蔵大先生の節税法。」へのコメントで書きましたが、9・11の選挙前後、眼
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-12-10 23:33

【回覧】反小泉ブロガー同盟〓食み出しグループから クリスマス・オフ会へのご招待状
Excerpt: 女王さまは、問題があればその大小をとわず、解決法は一つでした。「首をちょん切れ!」とまわりを見もしないで申します。 ≪不思議の国のアリス:第8章女王さまのクロケー場≫より やれやれ,ついに我が≪..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-12-18 01:26

不服従  「反米嫌日戦線」の更新停止に考える
Excerpt:  言いたいことを言えずに押し殺して生きている人は多い。これを読んでいるあなたが「
Weblog: 愛を知らなければ
Tracked: 2005-12-18 03:37

断固として「すき家好きやねんブロガー同盟」に参加することを宣言します。(爆)
Excerpt:  反小泉ブロガー同盟の仲間の「とりあえず」さんの所で、面白いバナーを見つけました
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-12-25 10:28

選挙結果を分けた堀江貴文の刺客出馬 ?? 岡田・堀江会談の謎
Excerpt: 今から振り返って、総選挙のターニングポイントを一つだけ選ぶとすれば、やはり8月19日(金)の堀江貴文の出馬表明であったと私は思っている。形式は無所属だったが、堀江貴文が刺客候補として亀井静香の選挙区で..
Weblog: 世に倦む日日
Tracked: 2005-12-25 23:01

やりきれない悲しみと、満腔の怒りをこめて「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のTB削除に断固抗議する!
Excerpt:  今朝、「東京新聞が今まで大マスコミが隠しつづけてきた“真実”を報道した!(森田
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-12-27 22:15

「もし、もし、もし」で過去の政治を語ることの馬鹿馬鹿しさ。【世に倦む日日のリンクを外しました】
Excerpt:  後出しじゃんけんで御託を並べるのは政治漫談としては面白いだろうと思う。しかし、
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-12-29 11:43

お笑い「世に倦む日日」テサロニケのサッカー論、まるっきり馬鹿丸出し。(笑)
Excerpt:  最初に、なにはともあれ皆さん明けましておめでとうございます。 さっそく本題に入
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-01-03 11:52

本日確認、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のリストからはずされました。
Excerpt:  もっとも、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」は小泉の改革ファシズムを止める
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-01-17 07:37

日本語版のバナーを作りました。テサロニケの英語だらけには違和感を感じていました。
Excerpt:  テサロニケは、「世に倦む日日」のエントリーで「英語ファシズム」とか書きながら、
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-01-21 10:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。