2005年10月18日

靖国参拝の深読みと郵政民営化のこの先の本当の運命 (^_^;)

KoizumiKantei.jpgKoizumi-soci-Yasukuni.jpg うーん、靖国参拝に関しては、みんなのブログで私の本音を暴露してくれていて、本当にありがたいことだ。(^_^;)
 飯島秘書官やそれをサポートしてくれている電通の人たちが考えてくれていたことを的確に書いてくれていたしね(^_^;)
 ただ私は公約みたいなもんだし、かつての後進国である中国や韓国が反対しているから、参拝を止めた、って言われるのは癪だったから、その気持ちを前もって秘書官には伝えてあって、一番、いい日どりとやり方を考えてもらっていたんだよ (^_^;)
 これもどこかで書いてくれてたけど、うーん、裏返せば、強いアメリカには何でもハイハイ、って従っていたけど、アジアのかつての弱い後進国が反発して止めろ、って言われたら、逆に、やってやろうじゃないか、って逆の心理になっちゃったんだよなー。(なんか上からいつも押さえつけられている子が弱い子をいじめたくなる、いじめっ子の心理ってやつに近いのかな(^_^;))

さて、おいおい、日経がこんな本当のことを暴露していいのか! (^_^;)
困ったもんだ。まあ、彼らとしては株や不動産を売りたいもんだから、こんなことを書いている、ってことにしておこう。(^_^;)

郵政民営化法案成立で我々を待ち受ける運命
〜郵貯・簡保は日本国債・米国債のゴミ箱と化す〜


Anti_Koizumi.jpg
posted by JUNちゃん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました。
>アジアのかつての弱い後進国
こういった見方がキーワードかもしれません。
日本人の一部に潜在する妙なナショナリズム
に訴えるというやり口にみえてならないのです。
国家の指導者としても姑息すぎるように思います。
Posted by chaotzu at 2005年10月19日 22:11
こんにちは。せっかく鋭い観察眼をお持ちなのですから、総理本人のBlogであるかのようなまぎらわしい名称など使わず堂々と管理人さんご自身のお考えを述べていかれたらいかがです? なんかこのBlogの名称って「消防署のほうから来ました」詐欺にも似て、なんだか嫌な感じです。
Posted by もーす at 2005年10月25日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私的な参拝…総理大臣が (4版)
Excerpt: <小泉首相>靖国神社に昇殿せず参拝 秋季例大祭初日 (excite - 毎日新聞) 選挙に大勝し、郵政法案も通り、首相は再び参拝した。 東条英機と日露戦争後の日本軍の流れ、 そして欧米列..
Weblog: Parakeets To The Edge actII ...
Tracked: 2005-10-18 23:41

「印象の奴隷」になるな〜小泉首相発言を読む
Excerpt: 「印象の奴隷」になるな〜首相発言を読む No.1240(2005/10/18/火)から 最も困難な国際問題は、 国内事情の対外的表現である場合が多い。 松本重治『上海時代(上)..
Weblog: FREE SPEECH─「自由な言論」は何処にある?
Tracked: 2005-10-19 00:30

右も左もこぞって小泉靖国参拝を非難すべし
Excerpt: 小泉首相の靖国参拝。 首相こだわりの郵政法案が成立した後に実行するところが、大衆
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-10-19 02:25

突然の意図された靖国参拝2
Excerpt:  予想通り、中国と韓国が小泉首相の靖国参拝に反発してきたが、反日運動はそれほど盛り上がっていない。日本大使館に対する抗議行動も、人が多ければ中にはこんな人もいるだろう、くらいしか集まっていない。4月に..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-10-19 07:12

国民健康保険を無くして税金を安くしましょう?/「小さな政府」の実現
Excerpt: 国民皆保険制度と言って、誰しもが安価で安心して健康的な暮らしが過ごせるよう、「健康保険制度」というものがあります。 国民健康保険・社会保険・共済など各種ありますが、基本的には「公的な健康保険制度..
Weblog: 保守資料庫
Tracked: 2005-10-20 02:01

■[首相靖国参拝]「 哀悼の誠をささげる」A級戦犯である戦争責任者が神??
Excerpt: 10月18日付・読売社説(1) [首相靖国参拝]「もっと丁寧に内外に説明を」。 (抜粋)雨の中、傘もささずに拝殿へと向かい、手を合わせた小泉首相の胸には、いったいどのような思いがよぎっただろうか。  ..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-10-21 00:43

靖国について
Excerpt: こんなコトを書くと…「お前は国際社会がわかっていない!」とのお叱りを受けそうですが、靖国についての私の結論は一つです。 「これは国内問題です(きっぱり)」 先祖をどのように慰霊するのか…な..
Weblog: 大本営発表
Tracked: 2005-10-23 07:22

「危ない!」と叫ぶことは、そのことを知った者の義務でしょう。
Excerpt:  昨日は月1回開催の勉強会がありました。前回、まさに 没落させられる者が没落させる者を熱狂支持する。のようで絶望した、と書いた勉強会でしたが、メンバーの男性のひとりが、「前回のとくらさんの話、そうなの..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2005-10-23 19:01

参議院神奈川補選で自民・川口候補勝利
Excerpt: 小泉純一郎って本当に凄い政治家だねぇ。いやはや怖いくらい。 本題の前に、今回の補選での私の状況分析を書いておく。 1.民主党が絶対有利――衆議院の総選挙で自民党が圧勝した。これは小泉政治への信任票..
Weblog: 時代のウェブ・ログ
Tracked: 2005-10-24 03:03

小泉靖国参拝の裏にある三つの政治目的 - 中韓は全力で阻止を
Excerpt: 小泉首相が昨日(10/17)を靖国参拝の決行日に選んだ裏側を考えてみると、何やら用意周到で狡猾な戦略的計算を感じさせられる。まず最初に中国との関係の点で言えば、11月17日にAPEC首脳会議があり、1..
Weblog: 世に倦む日日
Tracked: 2005-10-25 00:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。